美容外科で働くには

若い女性にとって、美容外科で働くことは最近非常に人気があります。
そのため、転職、就職を考えているような人も多くいるのではないでしょうか。
ここでは、美容外科で働くためには資格としてどのようなものが必要なのかご紹介しましょう。

まず、施術を実際に行う専門の美容外科の医師の場合には、形成外科の学会の専門医の資格を取って、6年以上臨床経験が形成外科、美容外科において必要であるということが条件としての最低のものになります。
その上で、美容外科の学会が認定している専門試験に受かることが必要です。
専門試験に受かった後、美容外科の学会に入って、3年間、多くの手術の症例審査、認定審査、に受かることが必要です。
10年近く合計で訓練し、勉強して、やっと専門医になることが可能です。

また、看護師として美容外科で働くためには、看護大学の4年制のものか、看護専門学校の3年制のものを卒業して、看護師の国家試験を受ける資格を獲得した上で、国家試験に受かることが必要です。
外来を主に扱っている美容外科のようなところと、オペ介助の病棟勤務のような仕事をする場合は資格は同じものになります。
専門医と同じ様に施術に直接関係する場合には、資格のしっかりしたものが必要です。

美容外科のカウンセラーや受付の場合には、資格を特に取っていない場合でも働くことはできます。
しかしながら、サービス業としての強い意味合いがあるので、接客スキルが要求されます。
本サイトでは、転職支援会社に依頼、美容外科が望む人材、どのような人が有利か、についてご紹介します。



■特別外部リンク
美容外科で働きたい方向けの専門求人サイトです >> 美容外科求人サイト